Medi Web

報道関係者各位
プレスリリース
2014年12月19日
株式会社メディ・ウェブ

日々の診療結果をデータで見える化する「Bee業務日報」、
医療クラウドのメディ・ウェブが、利用料“¥0”で提供開始

株式会社メディ・ウェブ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:佐竹隆)は、12月19日、提供するクラウド型医療クラウドアプリシリーズ3Bees(スリービーズ)において、Bee業務日報の提供を開始したことを発表いたします。Bee業務日報は、日々の診療結果(患者数や診療報酬額、スタッフの配置等)を入力するだけで、クリニック経営の「結果」を集積、データとして可視化するツールです。過去の実績値や予測値との比較機能を標準装備しているため、可視化された日々の診療の「結果」から、業務や診療の「プロセス」が抱える課題を分析することができ、クリニック経営の改善に力を発揮します。

3Bees(スリービーズ)

http://www.3bees.com/

Bee業務日報製品紹介ページ

http://www.3bees.com/appli06.html

【Bee業務日報開発の背景】

Bee業務日報のプロトタイプは、メディ・ウェブ会長楊の眼科クリニック経営の中で生まれました。2001年 、開業直後に渡米することになった楊が、遠方でも自院の経営状況を把握し、経営を軌道に乗せ安定化させようとする試行錯誤の中で、Bee業務日報の原型となる表計算シートが誕生、改良されていきました。2014年、ICT技術の発達を受けて、全国およそ10万軒のクリニックの先生方にも活用していただきたいと、株式会社メディ・ウェブがクラウド型アプリとして開発を行いました。

【Bee業務日報の主な機能】

Bee業務日報利用イメージ
Bee業務日報利用イメージ

レポート機能画面イメージ
レポート機能画面イメージ

【Bee業務日報と3Bees(スリービーズ)の今後の展望】

Bee業務日報は、増加を続ける3Bees(スリービーズ)の登録ユーザー(2014年12月10日現在3,000施設以上)への周知と並行し、クリニックを支援する企業とのアライアンスや、楊の講演会やwebコンテンツによる活用法を訴求することで裾野を拡げ、継続的なクリニック経営のサポートをアプリおよびコンテンツの両側面から実施してまいります。 また、サービス全体では、予約システム、順番表示システムなど5つのアプリの無償提供、問診や患者受付機等の3つの有償アプリ・プロダクトのラインナップの拡充に加え、電子カルテ・レセコンとの接続先(2014年12月現在、ORCA、メディコムとの連携実績あり)を急ピッチで開拓するなど、サービスの付加価値とユーザー数拡大。10,000施設への導入を目指しています。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社メディ・ウェブ 広報担当 佐竹麗
TEL : 03-6402-4770
E-mail : press@mediweb.jp


※掲載内容は発表当時のものです。価格、仕様、サービス内容など現在と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。